トップページ

アコムの審査に落ちない為の5つのポイント

消費者金融の中でも、借りやすいと定評があるのがアコムです。

銀行系のキャッシングなどと比較をすると、アコムは審査も早くスピーディー。すぐに借りたい、使いたいと考えている方は、速さに定評があるアコムを考えてみるのもお薦めです。

・今すぐお金が必要!
・給料日前で財布の中身が寂しい
・突然の飲み会、恥ずかしいから現金を用意しておきたい

こんな時でもスムーズにキャッシングができるのは、アコムならではです。

アコムの審査を受ける上で注意しておきたい点はいくつかあります。

1.申し込みを行う時の情報は丁寧に記入し、間違いがないようにする。
2.固定電話がある場合は、携帯電話の番号よりも価値が上がります。
3.勤続年数や勤務先の情報は正確に記載する。
4.在籍確認の電話があるので、必ずに会社の誰かが出れる状態にしておく
5.ネット申込後に自動契約機でカードを受け取った方がすぐに借りられる

「あと数万円が足りない」にスムーズに答えてくれる、安心のアコム。
キャッシングは無理の無い範囲でスタートしましょうね。

アコムを申込むなら!信用情報で気をつけておきたいこと

アコムに申込む際は他社からお金を借りているか(他社借入件数)の把握が必要!

アコムに申し込みを行う際には、他社からお金を借りているかどうかがとても大切です。アコムは消費者金融としてサービスを提供している会社ですが、消費者金融には融資に関する限度額が存在します。

ほかの会社から融資を受けているケースではその限度額を既に満たしている可能性がありますので気を付けなくてはいけません。

また、銀行で融資の申込をすることと消費者金融で融資を受けることは別であるためこの点も注意が必要です。銀行で申請をするときには多額の金銭を借りるため、消費者金融とは異なる基準で融資のサービスを行います。

一方で、消費者金融は少額融資でお金を借りるため、貸金業法という少額融資に対してのみ適用される基準で審査が行われます。

アコムに申し込む際にも、こうした貸金業法の基準に基づいて調査を行うため、同じような消費者金融からお金を借りているかどうかは非常に大切になります。

そのため、事前に把握しておくことがとても重要なのです。

他社からいくらお金を借りているか(他社借入残高)は審査の対象になる!

他社からいくらお金を借りているか、という基準は審査の対象になります。

消費者金融での融資では、それぞれの個人に対してキャッシングの上限が存在します。仮に、他の会社から既にお金を借りている場合にはその上限額を満たしてしまっている可能性があるため、この点は必ず審査の対象になります。

消費者金融系の融資は少し特殊で、法律で決められた上限額の範囲内ならば、実は複数の会社に融資の申込ができます。例えば、30万円の融資を上限として決めている場合にはこの30万円の範囲内で自由にお金を借りることが認められているわけです。

そのため、他社に対して融資の申請をすることそのものに悪いイメージがあるわけではなく、他者から具体的にいくらお金を借りているのかが重要になります。消費者金融は、他者からの借入金額に関して信用情報という情報を元に正確に割り出すことができます。ですから、嘘の申告をしても意味がないためこの点は気をつけておくことです。

アコムの審査基準は安定した収入を得られる職種かどうか?

アコムの審査基準には、安定した収入を得られるかどうかがポイントになります。

貸したお金を定期的にきちんと返済してくれることが重要になりますので。収入が安定しない職種の場合にはお金を借りることができないことも考えられます。安定して収入を得ることが出来ればパート程度の収入であっても構いません。

また、融資の限度額を決めるために安定した収入が必要であるという側面もあります。キャッシングの融資の限度額は、それぞれの消費者の年収によって決めるものですので、年収がわからないと限度額を決定することができません。

具体的には、年収の三分の位置を基準として限度額が決まるため、単純に述べれば300万円の年収があれば100万円程度の上限として設定することができます。

一方で、安定した収入を得られる職種かどうかがわからないときには、こうした限度額を決定することができないため融資を断られる可能性があるため知っておかなくてはいけません。

アコムの審査は金融事故などのトラブルはないか(長期延滞など)を調査される!

アコムの審査では金融事故が生じていなかったかどうかが調査されます。

基本的に、金融事故等に関するトラブルの情報は個人情報に該当するものなのですが、金融機関にはこうした事故情報を調べるための権利が認められています。

この情報を、信用情報といいます。金融機関は、融資を行う際に相手の信用性を非常に大切にします。

貸したお金を本当に返済してくれるのかどうかを確認するためには、過去にお金を借りて滞納などが存在していないかどうかを調査することが最も効率的です。そこで、金融機関はお金を借りにやってきた消費者に対して信用情報を調べて、過去の融資に関して何らかのトラブルが存在しなかったかどうかを調べることが許されているのです。

この信用情報には、長期延滞などのトラブルだけではなく、借金の状況を法律によって改善する債務整理の情報も含まれています。

そのため、過去に金融事故などのトラブルがあったときにはまずそのトラブルを解決することが大切になります。

審査に影響するの?キャッシングの利用実績はあるか(スーパーホワイトではないか)

キャッシングの利用実績があったかどうかそのものは、審査に大きな影響は与えません。

もちろん、キャッシングを利用することで金融機関側に不利益を与えた場合には審査が厳しくなる可能性はあります。しかし、単純にお金を借りてそのままきちんと返済した場合には、信用情報にも悪い情報は記載されませんので安心してお金を借りることができます。

過去に返済も終了していた場合には、むしろ信用性のある消費者として融資の申請をしやすいケースもあります。これは、特に同じ会社で融資の申請をする時に有利になる可能性はあります。

一方で、新規でお金を借りる場合には貸金業法の規定にのっとって一定の審査が必要になりますので、審査に大きく影響を与えるようなことはほとんどないように思えますがスーパーホワイトと呼ばれる、一切借り入れ等の履歴情報が無い方に限っては判断材料が少ないことから、比較的低額の融資からのスタートになってしまう可能性もあります、

キャッシングは、銀行の融資と異なって消費者金融が審査の基準を明確に判断しているわけではなく、法律に従って審査を進めているだけなのでこの違いは理解しておくことです。